2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.04.10 (Sat)

心まで模倣すること

今日のメリモは団体カヒコ。

ジョニー・ラムホーのハラウが「カラウパパ」を踊りました。
カラウパパはモロカイにある半島で、ハンセン病患者を隔離するためにここへ連れてきたという歴史があります。

展望台から見たカラウパパ。
06_07_17-5.jpg
墓地には日本語で刻まれた日本式のお墓もあります。

彼女らのカヒコに、ハンセン病で苦しんだ人々や宣教師として半島に入ったダミアン神父(のちにハンセン病で亡くなった)の姿を見て、涙がでました。
ダミアン神父が来るまでのカラウパパは、それはそれはひどいものだったそうです。

メリモの解説でも言っていましたが、この半島へ行くにはものすごく急な山道をひたすら下っていかなければなりません。
馬とロバを掛け合わせたミュールに乗っても、行きはひたすら前傾で前に振り落とされないように、帰りはひたすら登るため後ろに落ちないように気をつけながら、ミュールにしがみついていることになります。
今では飛行機も飛んでいますが、当時ハンセン病で送り込まれた人々は、船でここへ連れてこられ、身体的にも精神的にもとても絶望的な状況だったでしょう。

わたしは日本でフラを習っています。
でもこれはフラの模倣をしているだけ。
心まで模倣することは難しい。
EDIT  |  23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

♪No title

カタカナ語が3割くらいしかわからなかったのはさておき。
模倣もただ形をマネするだけでなく、背景を知ると心構えが違ってくるよなあ。
リスペクト!
ブースケ |  2010.04.11(日) 02:28 |  URL |  【コメント編集】

♪Re: No title

v-535ブースケさん
カヒコ(古典フラ)はハワイにアメリカ人が入って来る前から踊られていたフラだから、歌に込められているハワイの歴史や人々、神々のことを理解しながら踊らないと意味がないんだよね。
日本にいる日本人が、本当のカヒコを踊るのは難しいと思うよ。
だけど、フラをやっているからには少しでも彼らに近付けるように頑張らないといけないよねー。
totori |  2010.04.11(日) 09:49 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。