2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.02.08 (Tue)

2005.02.08 モロカイ島 6日目

20050220192129.jpg

朝5時半の船でマウイへ。
ものすごい揺れで気持ち悪くなりそうだったけれど、
すごく寒かったので、なんとか持ちこたえた。
1時間半ほどでマウイ着。

港の前にある「PIONEER INN」で朝食をとろうとしたら、
日系のあの姉妹(?)と再会。
そういえば、コーヒー園で会ったときに、7日からマウイへ行くと
言っていたっけ。
ダンナがフレンチトースト、わたしがスクランブルエッグとトマトを
頼んで、半分ずつにしたらちょうどよい感じだった。
「PIONEER INN」は、古いハワイの雰囲気がいっぱいの木の建物で、
1950年代までは西マウイ唯一のホテルだったらしい。

まだ開店していないショップを覗いたり、史跡を眺めたりしながら
シュガーケイン・トレインの駅まで歩く。
切符売り場も兼ねているお土産屋さんが開くまで、駅のベンチで
のんびりのんびり。

20050220192942.jpg

かわいいおもちゃのような列車に30分ほど乗って、終点Puukoliiに到着。
Puukoliiはひろーいコンドミニアムがある以外なにもない。
お昼をどこで食べようかと心配になったが、コンドミニアム内に
なにかあるだろう、と行ってみることに。
とにかく広い敷地で、2階建てのコンドやホテルのようなコンドもある。
ロビーの案内所で食事のできるところはないか聞いたところ、
プールサイドにカフェがある模様。
海の見えるかわいいカフェ。
B.L.Tとコナビールを飲む。
もう最高!
ここの海沿いのコンドミニアムはいくらかな?と帰りがけ、さっきの
ロビーでパンフレットをもらってみた。
1泊300$!
泊まれません。

20050221135647.jpg

帰りの列車を待っていたら、同じく列車待ちのおじさんが、
刈り取っていたハイビスカスを奥さんにあげていた。
奥さんが「あのお嬢さんにもあげなさいよ(想像)」と言ってくれ、
わたしにもハイビスカスが!
刈り取っていたのだから、すでにヨレヨレに近かったけど、知らない人に
お花をもらったのは初めてで嬉しかったですよ。
話をしてみると(ダンナが)、その人は退役軍人でパートタイムで
仕事はしているものの悠々自適のご様子。うらやましい。
韓国に駐留していたこともあるようで、「やぁやぁ、うちも韓国に
住んでいたんですよ」などと話がはずむ(ダンナが)。

20050220195143.jpg

帰りの列車内で、乗務員の女性が「カメラを貸して」というので、
わたしを撮ってくれるのかと思いきや、客車のつなぎ目へ出て行き
身を乗り出して、ここぞとばかりに噴出した蒸気を撮影してくれた。

ハワイにはいっぱいあるけど、モロカイにはない大きなお土産屋さんを
覗いて、今使っているのはもう限界ということで、鍋つかみと鍋敷きの
セットを購入。
たぶんmade in ChinaかPhilippineだろうけど。

外のベンチでぼけーっとしていると、バス2台から日本人が
わんさか降りてきた。
みんなこの暑いのに、長ズボン。
今日到着したばかりなのかな。まずはホテルで着替えたいだろうにね。

港近くのお店で、海ガメ模様のバッグを購入。
えへへ、わたしのものばかり。

帰りの船で、またあの姉妹と一緒になる。
彼女らは車で山へドライブしたらしい。
モロカイへ戻って1泊し、オアフへ3泊してワシントンへ帰るという。
向うではどういう生活をしているのかなぁ。

船からホェールウォッチング。
あまり近くには見えなかったけれど。

夕飯は、SUBWAYでチキンサラダを買って、作ったスパムむすびと
食べる。

朝晩の寒さで、なんだかかなり疲れている。
EDIT  |  20:06  |  2005.02.03~02.17 モロカイ島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。