2010年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.10.27 (Wed)

読書メモ

生きたことば、動くこころ――河合隼雄語録生きたことば、動くこころ――河合隼雄語録
(2010/08/28)
河合 隼雄

商品詳細を見る

臨床心理学者の河合隼雄さんの事例検討会でのコメントをまとめたものなので、ど素人のわたしにはわかりにくい場面もありましたが、息子である編者の俊雄さんが解題で書かれている通り「さまざまな示唆やヒント」が得られる本でした。

● トラウマをもつというのは、その前にコンプレックスがあるからだ、これがあるからここにトラウマが重なってくるという言い方もできるわけですね。(P.31)

● 「ほしい」「いけません」とか言ってやっともらったら価値があるけどね、いつもいつも冷蔵庫に入っていたらね、お母さんの愛情があるのかないのかわからないわけです。 -中略- 過保護の家っていうのは、だいたい愛情が不足してると思う。なんか妙なところで物をもらっているというのは、本当の「うちの子だ」というのがないわけですね。(P.38)

● 笑いというのはね、距離をとる非常にいい方法なわけです。(P.38)

● みんな押入とかを陣地にしてやってきているわけでね。それを親がニコニコわかってくれているからできるわけで、そこへ親が入ってきて物を置いたりしたら、かえってダメなわけです。秘密でなくなってしまうからね。(P.47)

● クライエントが変ってゆくためには、不安とか物足りなさをある程度経験しないと変らないわけで、だからそのクライエントがもの欲しがっている程度にスポッとやってしまうと進展というのがないわけです。(P.70)

● 安心してしまうということは、変わるエネルギーがなくなってしまうということですね。(P.76)

● パーソナリティとか環境とか、なんかそういう風な言葉を使うほど話が知的になるわけでね、だからもっと生きた言葉を使わなきゃいけない。(P.108)

● 子供というのは、ものすごく知りたがって頑張ってるんだけれど、本当はどうかというのを知らないように自分でしているところがあるということ。だから、本当のことを教えても、本当のところを知りたくないというところが子供の方にはあるわけです。(P.123)

● 子供の心って、ものすごくおもしろいもんで、頭の中でわかってても、ちゃんとあるときには否定できたりするわけですね。(P.125)
スポンサーサイト
EDIT  |  23:59  |  覚書き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.10.25 (Mon)

これはない、とは思ったものの

クロッ○スね…
あのデザインは履けない、と思っていたけど、ついにデビュー。

[クロックス] CROCS willa[クロックス] CROCS willa
()
CROCS(クロックス)

商品詳細を見る

これの黒。
暖かそうだし雨でもいけそうだし。
実際には濡れたタイルの上などは滑りそうになりますが…
そして、わたしは普段Gパンはストレートなので、ブーツの中に入れようとするとちょっとやぼったい。
そこで、見た目窮屈でやだ、と敬遠していたスキニーもデビュー。
ウニ○ロのなんですけど、窮屈というより足全体にサポーターをつけているホールド感があって、なんだか気持ちいいかも~。
股上の浅いのがあればよかったのになー。
股上が普通だと腹肉に食い込みます…

昨日のどんぐり。
10_10_25.jpg
ドラえもんの通り抜けフープ?
EDIT  |  18:10  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.10.23 (Sat)

読書メモ

きょうの猫村さん 1きょうの猫村さん 1
(2005/07/14)
ほし よりこ

商品詳細を見る

今更ですが読んでみたくなり、図書館で借りました。
想像と少し違う雰囲気。
そしてまさかまさかの続きもの…
1ページ2コマ見開きで4コマ。
うーん、こういうタイプのものだったら1冊づつ完結していてほしかった。
あまり続きを読みたい気分にはならないけれど、2巻が図書館に来ているので期限が来るまでに取りに行かなくちゃ。


放浪行乞 山頭火百二十句 (集英社文庫)放浪行乞 山頭火百二十句 (集英社文庫)
(1992/02/20)
金子 兜太

商品詳細を見る

ずーっと山頭火の句集がほしかったので、これを買ってみました。
山頭火の家族を捨てた生き方や他人に頼って生きるという姿勢は好ましいものではありませんが、俳句はやっぱり心にきます。
あれ?家族を捨て放浪、というのはブッダに通じるものがある?
ブッダは他人に頼ることはなかったと思うけど。
わたしの好きな「分け入つても分け入つても青い山」を始め、「うつむいて石ころばかり」「あるけばかつこういそげばかつこう」などどれも情景が心に重なります。
EDIT  |  23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.10.15 (Fri)

こっちも崩落

数日前、洗面所のつっぱり棚が崩落しました。
前から壁が頼りなくてあぶないとは思っていたんですよね。
やっぱりだめか。
今日、洗濯機の上部を有効活用するという棚を買ってきましたが、これもまたものすごく頼りない…
ちょっとした地震が来たら倒れてきそうです。
こんなことならもう少しお金を出してスチールラックを買ったほうがよかったかも。
安物買いの銭失いとはわたしのことです。

13日に最後のストロベリーグアバが下に落ちて、誰かにかじられたところを発見。
たぶんワラジムシくん。
10_10_15-2.jpg
それから誰もかじらないんだけど、おいしくない?

香箱組んで眠そうなどんぐり。
10_10_15-1.jpg
ご飯いっぱい食べてから寝てください。
EDIT  |  19:03  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2010.10.09 (Sat)

今日は寒かった

今季初、どんぐりがおこたを使用しました。
10_10_09.jpg
とはいっても、フリースにもぐっているだけで電源は入っていません。

このところ、どんぐりの体重の減りが止まりません。
数か月前、4.7キロのときに「これ以上減らないように」と言われて、現在4.5キロ。
以前は6キロ越えてたのに…
腎臓の数値はそれほど悪くなってはいないけれど、食べる量がかなり減ってきました。
「なんでもいいから好んで食べるものを」ということで、どんぐりが食べそうな種類をあれこれ出しています。
それでも食べたり食べなかったり…
本猫は元気で過ごしているのですが、そのうちがくっといろんなことが悪くなりそうで心配です。
モクモクっていっぱい食べようよー、どんぐりー。

EDIT  |  16:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2010.10.02 (Sat)

all or nothing

山頭火の世界に浸っていたら、日記もずいぶん間があいてしまいました。
グリムスくんが~。

今年のストロベリーグアバ、結局3つしか熟しませんでした。
昨日の写真ですが、実1号。
10_10_02-1.jpg

実2号。
10_10_02-2.jpg

実3号。
10_10_02-3.jpg
大きさは2~3cmというところでしょうか。

今日、実1号が柔らかくなっていたので収穫。
ごちそうさまでした。

去年は酸っぱかったようですが、今年の実1号は洋ナシのような柔らかさのシャリシャリ感で、酸味のない甘さでした。
皮も去年より薄かったような気がします。

今年は思った以上に木の成長が早く根詰まりを起こしたことが、花から実になるときにポロポロと落ちてしまった原因だったようです。
これ以上大きな鉢にしたくないんだけれど、来年は一回り大きな鉢に植え替え、枝も思い切って短めに切り詰めようかと思います。
EDIT  |  17:51  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。