2007年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.04.29 (Sun)

帰りました

北海道は、26日に寒気が入って深川から先、雪になりました。
この日、亡くなったおばあさんの初七日で、18時半ごろ親戚の最寄駅に到着。
義母に車で迎えに来てもらってそのまま親戚の家へ。
夜になってダンナ実家へ到着し、義父がまるまると太っていてびっくり。
ガンの手術をしたので、どんなにやせ細っているのかと心配だったのに。

27日はお土産を持って親戚回り。
この日も風が強く寒い!
海に泡が飛んでました。
20070429193210.jpg
レイラは7歳。ドラム缶のような体型。
チャンピオン犬の子どもなのに見る影もない…

ダンナ実家においてある、在りし日のわたしのヘルメット&グローブ。
ゴーグルにはヒビも入ってた。
メットはオリジナル塗装。
20070429193219.jpg

28日は朝8時くらいのバスで出発。
途中で乗り換えて、札幌にはお昼着。
サッポロファクトリーに動物とふれあうコーナーがあってふれあいまくり。
20070429193228.jpg
このペンギンくんたちは四方を人間に囲まれてプール真ん中のブロックから降りるに降りられない状況。
隣にふれあってくれるペンギンくんが待機。
もっと滑らかな手触りだと思ったのに、けっこうゴワゴワした感じ。

オオフクロウはすんごく迷惑そう。
20070429193235.jpg
羽がほわほわして柔らかかった。

ビーバーはプールから脱走してた。
20070429193241.jpg
ニンジンをおいしそうに食べてました。

ホワイトスネイクは、冷たくてしっとりしてスベスベですごく気持ちのいい手触りです。
手に巻きついてくるキュッとした力も「わぁ~、生きてるんだねぇ」と感動しました。
ウォータードラゴンは、オーストラリアのお土産で買ってきた砂の入ったぬいぐるみみたいな感触。
ときどきおなかが動くので、生きてることを実感します。
フクロモモンガもフェレットもひたすら睡眠中。
モモンガはあまりにもふわふわした手触りで、触っているのかどうかもわからないくらい。
エミューは見た目よりゴワゴワした手触りでした。
あとはヤギやウサギ、アヒルなどがいて、小さいコーナーながらとっても楽しめました。
夕飯は、ダンナ弟一家とサッポロファクトリーでジンギスカン。

29日は9時ごろ札幌出発。
17時ごろ家に帰り着きました。

コンビニで見つけた「ちくわパン」。
「ちくわの穴にツナを詰めたもの」がパンの中に入ってました。
20070429193257.jpg
塩気が強いかな。
でも、ちくわの食感とパンがあいまってモチモチした感じになります。

ゆうなさんたちへのお土産。
どんな中身なのか楽しみです。
20070429193303.jpg
ゆうなさんたちへは、このほかにまたたびシートを買って来ました。
今日帰宅したらペットシッターさんがちょうど来ているところで、ゆうなさん怒りまくっていたので、またたびシートでご機嫌取り。
どんぐりが真っ先に飛びついてきました。
スポンサーサイト
EDIT  |  20:07  |  日記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2007.04.25 (Wed)

「ワイキキの風」というクレープ屋があった…なぜ、ワイキキ…

今日は一日フラの練習。
ヅラにレイやらハクやらが絡まっちゃってイライラ。
お揃いのヅラは見かけはいいけど、たいへんなことが多いなぁ。
発表会当日まで練習日はあと1回。(実際には2日あるけど、わたしは1日しか出られないので)
大きな失敗をしなければいいけど。

わたしは明日からダンナの実家である蝦夷地へ行ってきます。
3泊4日という強行軍です。
急なことだったので、動物病院もGWで満杯、ゆうなさんたちはいつものペットシッターさんにお願いすることになりました。
ゆうなさんたちもお歳だから、病院で常に誰かの目にふれていたほうが安心なんだけれど(ゆうなたちにとっては迷惑?)仕方ありません。
部屋も片付けなくちゃ~。
練習の帰りにジャングル陳列で有名なお店へフラ友に連れて行ってもらいました。
安いものは安い。そうでないものはそれなりに。
明日からのためにシャンプーなどの詰め替え容器がほしかったのですが、これはけっこう高かったです。
携帯用シャンプーを買ったほうがお得でした。
あとは大きなボトルのまま持って行こうと思います。
天気予報を見ると、明日あさっての蝦夷地は寒気が入って雪が降ってもおかしくない!
どうしよ~。いまさらダウン着るのもいやだなぁ。
EDIT  |  20:17  |  フラ  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2007.04.22 (Sun)

ツケ毛

人生初のツケ毛です。
フラ・メンバーが持っているツケ毛に比べたら10分の1くらいのお値段(卸値で買えました)なのですが、ボリュームもあるししっかりソバージュになってる!
ゆうなやどんぐりに被せてみたい…
しかし、ハクに絡まっちゃって「あー!もー!」ってなる。
本番が終わった頃にはアフロになってるんじゃなかろうか。
メイクもブラウンからブルーへ変更。
さっそくブルーのアイシャドウを購入し、家で試してみました。
う~~~~む~~~~…
なにかに似てるよ…
なんだろう…
バンコラン(ふる!)とかそういう系?
それから初めてフラ関係の雑誌を買ってみました。
フラレア。
マーク・ケアリイ・ホオマルの記事が載っているのを知っていたし、メイクのことも少し載っていたので参考になるかなと思って。
発表会で使う「メカナニ~」を歌っているHo'okenaの記事もありました。
でも、この雑誌高いよね…
EDIT  |  19:39  |  フラ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2007.04.18 (Wed)

んまんま?

20070418195522.png
これってわざと?

今日は発表会のリハーサルでした。
去年はあんなに広く感じたホールも、今年は「あれ?こんなに狭かったっけ?」とびっくり。
フリが変更になった部分があったり、共演するチームのカッコイイ部分を取り入れたいなど、本番までに修正するところを確認しました。
お客さんへあげるレイも当日にわたしたちが作ります。
去年はデンファレ(かな?)とクチナシのレイでしたが、今年はどうなのかな。
EDIT  |  20:11  |  フラ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.04.17 (Tue)

あと2回

審査課題3つ目のブローチもデザインが決まり、次の教室までに家でやっていけば今度で出来上がりそうです。
そろそろ電気炉を購入しよう。
今日審査課題を提出する人の作品を見せてもらったら、オリジナリティがあってとてもステキでした。
わたしの最低限のポイントをおさえただけのものとは違う~。
でも、ペンダントはちょっと気に入っているのです。
ブローチもできあがりが楽しみです。
EDIT  |  16:29  |  銀細工  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.04.15 (Sun)

IE7

メリーモナークをネットでちょこっとだけ見ました。
マーク・ケアリィ・ホオマルのハラウが見たかったな。
どんなフラだったんだろう。
今日はアウアナをやっていました。
去年は曲が終わりきらないうちに舞台から退場していたのに、今年はメインの曲が終わってから最後に別の曲を少し踊ってポーズして退場、もしくは踊りながら退場というパターンが多かったように思いました。
こういうのも流行りとかあるのかな。

PCをいじってたらIE7になった。
(なった、というか、インストールするはめになった)
うーん、使いづらい。

先日、「印がなくても良いモノ」を売ってる(ハズ)のお店でシャツを買いました。
プルオーバーでメンズのL。
もちろんわたしが着るものです。
メンズのLなのに、肩幅ぴったり。
これが着られるLサイズの男の人ってどのくらいいるんだろ。
今日はウニクロへジーンズを買いに行きました。
今はいているウニクロ・ジーンズがとってもはきやすくてお気に入りだったので。
今流行りのジーンズしか売ってませんでした。
日常生活でエコノミー症候群になりそうなものとか、しゃがんだらパンツが見えるものとか。
ジーンズがたくさん並んでるお店へも行ってみました。
わざと古そうに臭そうに作ったものばっかり。
ご丁寧に裾にまで折りジワがついてる。
ごく普通のジーンズってどこにいっちゃったのかしら。

久しぶりに競馬場へ行ってビールを飲んできました。
外で飲むにはまだちょっと早いかな。
皐月賞は意外なレース展開だったようですね。
とれた人うらやましぃ~。
EDIT  |  23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2007.04.13 (Fri)

午後の練習

今日は自主練ということで午後の会場を押さえたのですが、先生も来てくれてとても濃密な練習ができたと思います。
いつもは午前の練習なので、あまり細かいところを先生に聞く時間がありません。
でも、今日は聞こうと思っていたことを思い出すこともできたし、みんなとも「ああだこうだ」と話しながらできたので、たまには午後の練習もいいな、と思いました。
メンバーからメイクの仕方を教えてもらったり、髪をアップにしたときのヘアクリップの位置などを確認したり、リハーサル後だと振り付けの修正に忙しくなるかもしれないので、今のうちに聞いておけたのは収穫です。

今日も先日と同じ文化センターだったのですが、駅からも近いし、スーパーもあってすっごく便利!
帰りには安いお肉をアレコレと買い込みました!
こんなお店がうちの近くにもあったらいいのになぁ。
EDIT  |  18:54  |  フラ  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2007.04.11 (Wed)

どんどん近づく

今日は初めての文化センターで練習しました。
駅から近くて行きやすい。
受付の人も感じがよかったです。
プログラムによると、今度の発表会は一部と二部に分かれていて、わたしたちの出番はすべて二部。
「ハワイアンウェディングソング」が大トリになってる!
エンディングの「マイイエロー~」はわたしたちも通路に出て行かなくちゃいけないから大忙しじゃない?
前進しながらの「マイイエロー~」を練習したら、タイミングがつかめなくてたいへんでした。
レイの交換をするところでは180度回転してパートナーと交換するのだけれど、去年ってここでお客さんにレイをあげてなかったっけ。
今年も生花のレイをプレゼントするようなので、来てくださる方は通路際に座るといいですよ♪

帰宅してから問題のアイロン台のことで電話。
「塗装がはげてひどい状態」と伝えただけで細かい確認もなく、別のものを状態を確認してから送ってくれるらしい。
あれがデフォルトだったらびっくりだね。
ちょっと前にネコの水飲み器のポンプを交換してもらったら、動作確認をして送ってくれたはずなのに、どこかの動物の毛がみっしりついたので驚いてそのまま送り返しました。
動作確認だけして状態確認はしなかったのね。
一見してわかるのに。
アイロン台はそんなことがないといいけど。
EDIT  |  17:52  |  フラ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.04.10 (Tue)

スタンド式アイロン台

今日の午後、届いたのですが…
いくらカタログギフトとはいえ状態がひどすぎる…
アイロンを置ける部分はオフホワイトの鉄板になっていますが、あちこちハゲててその上から真っ白のペンキを無造作に塗りつけてあるのです。
その板を留めているネジも締め付けすぎで板がへこんでる。
脚も塗装がペリッとめくれて地が出てます。
こんなのよく送ってきたな。
明日電話してみよう。
EDIT  |  21:53  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.04.07 (Sat)

イカをさばく

さばいたのは一昨日の話なんだけど。
4杯のイカをさばいて、うち1杯に未消化の魚が!
もっと早かったらお魚までゲットだったのにぃ~。
ゴロ焼きにしたけど、居酒屋で食べるほどおいしくなくてがっかりでした。

今日は初めての串焼きのお店へ行ってきました。
ブタのレバ刺し!
朝シメたブタのレバーは生で食べられるって知ってました?
残念ながらわたしは生はダメ、ダンナはレバーがダメということで、わたしだけ串焼きでレバーをいただきました。
1片だけダンナも味見をして「まずくはない」。
う~ん、その程度か。もうダンナは食べんでよろしい。
とてもおいしかったです。
平打ちのパスタもおいしかったし、お餅と納豆のグラタンもおいしかった。
最後にリンゴとイチゴをサービスで出してくれました。
お店も初めてでしたが、そのお店のある通りを入るのも初めてで、小さいけれどいろんなお店があるのにびっくり。
今までまったく知らなかった~。
また別のお店を開拓してみよう。
EDIT  |  23:27  |  日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.04.06 (Fri)

カタログギフト

カタログギフトをダンナの分と2冊もらいました。
こういうカタログってすっごい分厚いわりにはほしいものってないんですよね。
できるだけ値段が高そうでわたしのほしいもの…
ということで、アイロンとスタンド式アイロン台にしました!
アイロンは2種類あって、1つは日本製コードレススチームアイロン。
本当はこっちがほしかったのだけれど、ネットの口コミを読むとかなり低い評価になってます。
わたしがアイロンに求める機能を満たしてない。
もう1つのほうはドイツ製コード付きアイロン。
こっちの評価はかなりいいです。
完全無欠、というわけにはいきませんが、そこそこ希望を満たしてくれてます。
スタンド式アイロン台も、ずーっとほしかったもの。
口コミは出ていなかったけれど、値段がいい!
自分では絶対買わない!
アイロンもアイロン台も、一人暮らしのときには持っていなかったし、結婚してからはダンナが独身のときに購入(したまま放置)したものを使っていたので、アイロンはかなりいっちゃってました。
中が腐食したのか小石のようなものをスチームと一緒に吐き出すんです。
アイロン台はもちろん座って使うもの。
膝は痛いわ、小石はジャリジャリするわの生活からオサラバだ!
ワイシャツやパウ生地のアイロンがけが楽しくなるかも~。
だけどまだ収納場所を考えてません。
やっぱり部屋の隅っこでホコリを被るのかな。
EDIT  |  17:46  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.04.03 (Tue)

審査課題2つ目

審査課題用のペンダントが薄くて、焼いたら割れるかもしれないと言われたけれど大丈夫でした~。
鏡面仕上げにして(思ったほど鏡面にできなかった)、天然石を留めてできあがり。
リングも燻して終了。
あとはブローチだけです。
今のところ作り直しもなく順調順調。
電気炉も早く買わないと。
あと3回で終わりだもんね。
ところで、材料費が値上がりするそうです。
喜平のチェーンが恐ろしいほどの値上がり具合。
3本買っておきました。
在庫限りで販売中止になるものもあるのですが、その中にウィノールが。
ここで買えなくなったらどこで買ったらいいの。
わざわざ電車賃をかけて○ザワヤまで行かなくちゃいけないのかな。
EDIT  |  19:19  |  銀細工  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.04.01 (Sun)

ムットーニのからくり書物

世田谷文学館へムットーニこと武藤政彦さんのからくり人形を見に行ってきました。
まず千歳烏山で降りて「せい家」というラーメン屋さんでお昼ご飯。
生ビールが280円だったので、昼からビール。うま~。
普通のラーメンが500円、チャーシューメンは680円。
ラーメンはすごーい太麺。
チャーシューがちょっと脂っぽかったのですが、スープがあっさりしていたのでくどくなくおいしかったです。
文学館は今日が開館記念日で入館無料♪
4時からムットーニさんご自身が作品を解説してくれる「ギャラリートーク」というのがあり、その整理券をもらってから中へ。
からくり人形はタイマーで動くものがあり、それに合わせてあっちへこっちへ移動しながら見ていたらあっという間に2時間ほど経ってました。
館内にある福祉喫茶で限定メニューの「ムットーニ・オレ」を注文。
5個の金平糖がお砂糖の替わりです。
溶けるのが遅いので、3つ入れたら最後はすごーくあまあまなカフェ・オレになってしまいました。
ギャラリートークでムットーニさんが「ムットーニ・オレ、飲みましたか?」って聞いたら「はい!」って言おうって思いました。

以下、「あー、からくり人形を見る前に読みたくなかった」と思っちゃったらごめんなさい。

なぜ金平糖なのかというと「星を売る店」という稲垣足穂の小説から作られたムットーニさんの作品があるので、それにひっかけてあるのです。
どの作品も歌や小説をモチーフにしているので、目の前にあるただそれだけのからくり人形に終わらず、前後を想像してとても深い想いにひたれました。
中でも行く前から期待していたレイ・ブラッドベリの「アローン ランデブー」は、すごく空想が広がりました。
レイ・ブラッドベリは中学生のころから好きな作家で、この作品のモチーフになった「万華鏡」も読んだことがあります。
わたしには小説の中の人物が思い起こされて、宇宙空間の暗さ、怖さ、孤独感などがからくり人形から読み取れたのですが、この作品を知らない人は「単に宇宙飛行士が上下してるだけじゃん」って思うんだろうな、と思ったら案の定うちのダンナがそれでしたw
ムットーニさんの作品は、見る人の基礎知識と重なってより完成したものになり、もっと深く理解することができるのかもしれません。
わたしもほかの作品のベースになっている小説を読んでみたくなりました。
「ザ スピリット オブ ソング」という作品は、歌手の宮沢和史の「書きかけの歌」という曲をモチーフにしています。
歌とからくりに引き込まれ「わたしが超お金持ちだったら、超豪華な玄関にこれを置きたい!」と思いました。
リビングでじっくり見る、というよりは、中途半端な場所に立ってふと引き込まれる空間と時間がぴったりのような気がしたからです。
友人との別れ際の立ち話がつい長話になってしまう、そんな感じで。
「眠り」という作品は、村上春樹の「眠り」をベースにしています。
これは「どうなってるの?!」とかなり興味を惹かれました。
すごいです。もっとじっくり見たかったです。
「漂流者」は鳥肌が立ちました。
怖いです。ビックリドッキリ系の怖さではなく、じわ~っとくる怖さ。
からくり人形のどうにもできない怖さ、自分に置き換えたときの怖さ。
夏目漱石「夢十夜」の「第七夜」をベースにしています。
「カンターテ ドミノ」は壮大です。
3回見ましたが終わるとため息が出ました。
想像通り、ギャラリートークでムットーニさんが「ムットーニ・オレ、飲みましたか?」と質問。
目線に当たる人、誰も飲んでませんでした。
「はーい」って言いたかったけれど、わたしには背中向けてて残念。
「金平糖が溶けたらどうなるかわかりますか?」とふたたび質問。
「はい!四角くなります!」って言いたかったけれど、ムットーニさんは「金平糖のあの形のまま小さくなるんですよ」と…
よ、よかった。
わたしは溶かして小さくなりすぎてたんだ…
3つが3つとも小さな四角になってたもの。
言わなくてよかった…
入り口にあったムットーニさんの作業部屋を紹介したコーナーに、作品のモチーフとなった小説が何冊も置いてあったので「ムットーニさんがやったのかな。ほんとに置いてあるのかな」と思っていたら、ムットーニさんが解説を始めるときに「ここに置いてある小説は、学芸員の人が置いたんですよ。わたしじゃありません」と説明してました。
ムットーニさんも気になったんだね。
とてもおもしろい人でした。
EDIT  |  21:17  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。