2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2016.02.09 (Tue)

ブックカバー

ブックカバー

過去の経験がまったく生かされない…
ブックカバー程度のもので、栞ひもはどっちにつけるんだっけ… とめる帯はどっち向きでつけると柄がどうでるんだっけ… と、いつも悩む。

今回はかろうじて栞ひもは間違えずにつけられたけど、帯は裏生地側が出てしまった。
初めて接着芯を使ったので、芯を張った裏生地が表に出たのは張りがあって結果アーライッ!だったけど。

少し余裕をもって裁断したつもりだったのに、ぱっつんぱっつん。
芯を張るときはもっと余裕をとらないとだめ。

今日は、南風がものすごかった。
家にこもってチマチマ手作業にもってこいの日だった。
銀細工、復活しようかな。
スポンサーサイト
EDIT  |  20:15  |  覚書き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.10.02 (Tue)

塩麹(仕上がりまで追記していきます)

塩麹があと少しで終わるので、新しい塩麹を仕込むついでに、今回はしょうゆ麹も作ることにしました。

麹500g。
濃口しょうゆ750cc+250cc。
12_10_02.jpg

塩麹は、麹500gに塩150g水750cc+250cc。

今回はどんな塩・しょうゆ麹になるか楽しみです。
EDIT  |  19:40  |  覚書き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.06.23 (Thu)

梅シロップ

午前9時25分保温。
梅1.4kg、砂糖700g。
午後7時55分、10時間半。
梅の酸味が強く、甘さ控えめ。

2回目、午後8時半保温。
梅1.4kg、砂糖800g。
翌日朝6時半、10時間。
多少、梅の実も甘くなった気がする。

去年より3時間ほど早くスイッチを切ったせいかどうか、梅の実があまり崩れていない。
かき混ぜることによって少し崩れた。
酸味が強すぎるので、去年ほど梅の実をバクバク食べることはできない。
EDIT  |  09:28  |  覚書き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.10.27 (Wed)

読書メモ

生きたことば、動くこころ――河合隼雄語録生きたことば、動くこころ――河合隼雄語録
(2010/08/28)
河合 隼雄

商品詳細を見る

臨床心理学者の河合隼雄さんの事例検討会でのコメントをまとめたものなので、ど素人のわたしにはわかりにくい場面もありましたが、息子である編者の俊雄さんが解題で書かれている通り「さまざまな示唆やヒント」が得られる本でした。

● トラウマをもつというのは、その前にコンプレックスがあるからだ、これがあるからここにトラウマが重なってくるという言い方もできるわけですね。(P.31)

● 「ほしい」「いけません」とか言ってやっともらったら価値があるけどね、いつもいつも冷蔵庫に入っていたらね、お母さんの愛情があるのかないのかわからないわけです。 -中略- 過保護の家っていうのは、だいたい愛情が不足してると思う。なんか妙なところで物をもらっているというのは、本当の「うちの子だ」というのがないわけですね。(P.38)

● 笑いというのはね、距離をとる非常にいい方法なわけです。(P.38)

● みんな押入とかを陣地にしてやってきているわけでね。それを親がニコニコわかってくれているからできるわけで、そこへ親が入ってきて物を置いたりしたら、かえってダメなわけです。秘密でなくなってしまうからね。(P.47)

● クライエントが変ってゆくためには、不安とか物足りなさをある程度経験しないと変らないわけで、だからそのクライエントがもの欲しがっている程度にスポッとやってしまうと進展というのがないわけです。(P.70)

● 安心してしまうということは、変わるエネルギーがなくなってしまうということですね。(P.76)

● パーソナリティとか環境とか、なんかそういう風な言葉を使うほど話が知的になるわけでね、だからもっと生きた言葉を使わなきゃいけない。(P.108)

● 子供というのは、ものすごく知りたがって頑張ってるんだけれど、本当はどうかというのを知らないように自分でしているところがあるということ。だから、本当のことを教えても、本当のところを知りたくないというところが子供の方にはあるわけです。(P.123)

● 子供の心って、ものすごくおもしろいもんで、頭の中でわかってても、ちゃんとあるときには否定できたりするわけですね。(P.125)
EDIT  |  23:59  |  覚書き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.03.14 (Sun)

メモとして

ALOHAの本質。
"Aloha is to learn what is not said, to see what cannot be seen and to know the unknowable."
「アロハとは、語られていないことを知り、形のないものを見る目を持ち、そして理解し得ないことを理解すること」
クイーン・リリウオカラニの言葉

日本で当たり前のように言われている「Aは~」などというものではないということ。
EDIT  |  19:51  |  覚書き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。